研究メンバー紹介

本科研は4名で進めていきます。下記に紹介します。

中和渚(研究の責任者)

 

専門:数学教育、国際教育開発

 

研究対象国:ザンビア、南アフリカ

 

一言:初めて基盤研究Bに採択され、このメンバーで研究を開始できて大変嬉しく思います。比較教育的観点・教育学的観点からも検討して、アフリカ諸国の算数・数学の授業や学校外での遊びとの関連を見出すことを目指します。

 

科研に関わる最近の主な業績:

Nakawa, N., Uegatani, Y., Otani, H., & Fukuda, H. (2021) Young Japanese children's subjectification and objectification through the lense of joint labor. Proceedings of the 44th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education, 380-389.  

高阪将人(研究枠組みの策定、データ収集と分析)

 

専門:数学教育、理科教育、

 

 

研究対象国:南アフリカ、ザンビア

 

 

 

一言:開発途上国の理数科教育に携わる中で、学校外においても子どもが多くの事を学んでいることを感じました。本研究を通して、学校外の学びと学校内での学びを結び付けることができればと思います。

 

科研に関わる最近の主な業績:

 

Kosaka, M., Wang, L., Sakala, M., & Vwalika, K. (2021). Collaborative Lesson Study between Nalikule College of Education and the Nalikule Demonstration Secondary School in the Republic of Malawi and University of Fukui in Japan, 教師教育研究, 14, 235-242.

 

Matsubara, K., Kosaka, M., Kobayashi, Y. (2022). Characteristics of Learning Environments and Teachers’ Support for Children’s Creative STEM Enquiry in Japan. In: Murcia, K.J., Campbell, C., Joubert, M.M., Wilson, S. (eds) Children’s Creative Inquiry in STEM. Sociocultural Explorations of Science Education, vol 25. Springer, Cham. https://doi.org/10.1007/978-3-030-94724-8_10

 大塲 麻代(帝京大学、データ収集・分析)

専門:教育開発、比較教育、アフリカ

 

研究対象国:ケニア

 

一言:これまでアフリカの地域社会における学校教育の役割について研究してきました。本研究では、遊びにおけるアフリカの社会文化的要素と学校での数学的学びにいかなる関連性が見られるのか、日常生活や遊びにおける数の概念と、学校教育での学びを再考し、これまでの議論に新たな知見となる結果の導出を目指します。

 

科研に関わる最近の主な業績:

Asayo Ohba (2021) Community schools providing the tools for conviviality in urban Kenya. In Shoko Yamada, Akira Takada, Shose Kessi (eds.) Knowledge, Education and Social Structure in Africa. Bamenda: Langaa (Chap.8, pp.247-269).

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂田のぞみ(広島大学所属、研究枠組みの策定、データ収集と分析)

 

専門:教授法、教育政策分析

 

対象国:タンザニア

 

 

 

 

一言:本科研にお誘いいただいて、とても嬉しく思っています。現地の人々の視点から「幼児教育レベルの数学教育」を捉えるという、自分にとっては未知の世界でありますが、4人で楽しく研究できることを楽しみにしています。

 

 

Sakata, Nozomi. 2022. “Is Learner-Centred Pedagogy Associated with Pupils’ Positive Attitudes towards Learning? The Case of Tanzania.” Compare: A Journal of Comparative and International Education. http://dx.doi.org/10.1080/03057925.2022.2036592 

 

 

Sakata, Nozomi, Mano Candappa, and Moses Oketch. 2021. “Pupils’ Experiences with Learner-Centred Pedagogy in Tanzania.” Compare: A Journal of Comparative and International Education. https://doi.org/10.1080/03057925.2021.1941769