研究業績

拙稿にご興味をお持ちでしたら nagisa(@)kanto-gakuin.ac.jpまでご連絡ください。

2019年

 

 

 

Nakawa,N., Watanabe, K., & Matsuo, N. (2019) Effectiveness of a Japanese preschool mathematics guided play programme in teaching measurement. In M. Graven, H. Venkat, A. Essien & P. Vale. (Eds.). Proceedings ofthe 43rd Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education (Vol 3, 121-128). Pretoria, South Africa: PME. [査読有, フルペーパー]

 

上ヶ谷友佑・大谷洋貴・中和渚・福田博人(2019) RadfordのJoint Laborの観点から見た対話記録の科学的意義ー洞察に富む授業でなければ「データ」にならないのか? 全国数学教育学会第50回研究発表会, 2019年6月30日, 於埼玉大学. [査読なし、フルペーパー]

 

Kosaka, M., Nakawa, N., Kusaka, S., Watanabe, K., & Baba, T. (2019)Children's process of counting and composing numbers with locally available material; developing a new assessment tool. 全国数学教育学会第50回研究発表会, 2019年6月30日, 於埼玉大学. [査読なし、フルペーパー]

 

中和渚・木村光宏(2019)国際バカロレア認定校のディプロマプログラム(DP)準備段階における英語使用と生徒の学習の現状ー統計内容に注目した探索的調査, 全国数学教育学会第50回研究発表会, 2019年6月30日, 於埼玉大学. [査読なし、フルペーパー]

 

中和渚・松尾七重(2019)「研修前後の保育者の算数に関する専門的職能成長の変化」全国数学教育学会第50回研究発表会, 2019年6月30日, 於埼玉大学. [査読なし、フルペーパー]

 

中和渚(2019)「第1学年の主要内容とその指導 A数と計算 1」(新算数教育研究会 編)『改訂新版 講座 算数授業の新展開1 第1学年』(pp.22-27), 東洋館. [依頼あり]

 

Nakawa Nagisa. (2019) Chapter 11 Mathematical values through personal and social values: a number activity in a Japanese kindergarten. In P. Clarkson, W. T. Seah, P. JeongSuk. (Eds.). Values and valuing in mathematics education: scanning and scoping the territory(pp.157-169). Springer nature Switzerland AG: Cham. [英文書籍]

 

中和渚・松尾七重・高阪将人 (2019) 就学前算数教育における保育者の専門的職能成長を捉える理論的枠組みの提案とその活用可能性 『数学教育学研究』25(1), 33-48. [査読有論文]

 

Nakawa N., Kusaka, S., Kosaka, M., Watanabe, K., & Baba, T. (2019) Zambian Children's Competencies of Numbers: Analysis of the Preliminary Investigation. Proceeding of the 23rd Africa Educational Research Forum, p.11. [査読無口頭発表]

 

中和渚(2019)「批判的数学教育の近年の研究傾向ーCritical Mathematics Education: Theory, Praxis, and Realityよりー」『科学/人間』, 48, pp.135-148. [査読無論文]

 

中和渚(2019)「第24回理工学部、建築・環境学部教養学会ミニ講演会(理系学生のための公開英語ミニ講演会)Introducing African Mathematics Classroom: Welcomd to the New World!(アフリカの数学教育について)」『科学/人間』,48, pp.253-260. [査読無論文]

 

中和渚(2019)「第9章 グローバル化する数学教育 第1節 日本の数学教育の未来図」『新しい数学教育の理論と実践』(岩崎秀樹・溝口達也編)(pp.239-244), ミネルヴァ書房. [書籍]

 

中和渚・木村光宏(2019)「第9章 グローバル化する数学教育 第4節 国際バカロレアの展開と課題」『新しい数学教育の理論と実践』(岩崎秀樹・溝口達也編)(pp.252-260), ミネルヴァ書房. [書籍]

 

Nakawa, N. (2019) Kenya mathematics workbook for Grade 1 term 2 in 2019, March 2019, Kenya. (全93頁)[書籍・教科書]

 

Nakawa, N. (2019) Kenya mathematics workbook for Grade 2 term 2 in 2019, March 2019, Kenya. (全77頁)[書籍・教科書]

 

Nakawa, N. (2018) Kenya mathematics workbook for Grade 1 term 1 in 2019, November 2019, Kenya. (全80頁)[書籍・教科書]

 

Nagisa Nakawa (2018) Kenya mathematics workbook for Grade 2 term 1 in 2019, November 2019, Kenya. (全93頁) [書籍・教科書]

 

Matsuo, N. & Nakawa, N. (2019) Children's understanding of length and area measurement in Japan, The Eleventh Congress of the European Society for Research in Mathematics Education (CERME11), 7th February 2019, Utrecht, the Netherlands. [Paper presentation with full referred paper]

 

Nakawa, N. (2019) Current situation of Zambian Children's Guided-play in an early childhood education (ECE) pre-mathematics classroom: a case study,  In M, Good., & C. Stevenson-Millin. (Eds.), The proceeding for the 27th annual conference of the Southern African Association for Research in Mathematics, Science and Technology Education(pp. 274-282), Durban, South Africa. [Short paper presentation with full refereed paper]

 

Kosaka, M., Nakawa, N., & Koji Watanabe(2019) A systematic review and meta-analysis of mathematics education research in SAARMSTE: implications for further research, In M, Good., & C. Stevenson-Millin. (Eds.), the proceeding for the 27th annual conference of the Southern African Association for Research in Mathematics, Science and Technology Education(pp. 193-198), Durban, South Africa. [Short paper presentation with full referred paper]

 

神原一之・中和渚(2019) 第二講 乗法と除法 『小学校教員のための算数とさ数学15講』(岩崎秀樹・溝口達也・阿部好貴編)(pp. 11-23) ミネルヴァ書房. [書籍]

 

 

2018年

 

日本数学教育学会編『算数教育指導用語辞典』(pp. 108-125)教育出版. [書籍]

  

川口純・中和渚(2018)「マラウィの教員養成制度の変遷に伴う課題」『教員政策と国際協力ー未来を拓く教育をすべての子どもに』(興津妙子・川口純編)(pp.107-125)明石書店. [書籍]

 

中和渚(2018)「ザンビア共和国の就学前教育における幼児の遊びと学び」第29回国際開発学会, pp.1-4(電子データ). 

 

中和渚・渡邊耕二・高阪将人・日下智志・馬場卓也(2018)「ザンビア共和国における計算方略に関する予備的分析」第22回アフリカ教育研究フォーラム、2018年10月27日、於福井大学

 

Nagisa Nakawa(2018) Kenya mathematics workbook for Grade 1 term 3, Kenya. 

 

Nagisa Nakawa(2018) Kenya mathematics workbook for Grade 2 term 3, Kenya. 

 

 

中和渚・高阪将人・松尾七重(2018)「就学前算数教育における保育者の専門的職能成長モデルの提案と実践上の課題」全国数学教育学会第48回研究発表会、2018年6月23日、於岡山大学. 

 

中和渚・高阪将人(2018)「就学前算数教育における保育者の専門的職能成長モデルの提案」『第6回日本数学教育学会春季研究大会論文集』, 149-156, 2018年6月10日, 於千葉大学. 

 

中和渚・並木久栄(2018)「就学前算数教育の研修における現状と課題」第6回日本数学教育学会春季研究大会論文集』, 133-1140, 2018年6月10日, 於千葉大学. 

 

Nagisa Nakawa, Masato Kosaka (2018) Multiple Meaning of Mathematical Playing in Early Childhood Mathematics Education, The 8th ICMI-East Asia Regional Conference on Mathematics Education(pp. 496-497), Taipei International Convention Center (TICC), 8th May, 2018. (Special Sharing Group)

 

Nagisa Nakawa (2018) Using the Co-construction Approach to Improve the Quality of Mathematics Learning through Play in Japanese Preschools: A Case Study. Feng-Jui Hsieh(Ed.). Proceedings of the 8th ICMI-East Asia Regional Conference on Mathematics Education, 2, 166-173.  (at Taipei International Convention Center (TICC), 7th May, 2018)

 

Nagisa Nakawa(2018) Kenya mathematics workbook for Grade 1 term 2, Kenya. 

  

Nagisa Nakawa(2018) Kenya mathematics workbook for Grade 2 term 2, Kenya. 

 

中和渚(2018)「ケニアの半乾燥地域におけるコミュニティを基盤とした教育開発の提案とその現状ー算数の取り組み・現状と課題ー」(特別セッション)アフリカ教育研究フォーラム第21回研究大会, 於関東学院大学KGUメディアセンター, 2018年4月13日. 

 

中和渚(2018)幼児算数教育の数の遊びに関する実践における幼児の現状」全国数学教育学会45回研究発表会, 2018年1月30日, 於広島大学. 

 

中和渚(2018)「国際バカロレアのDP(Diploma Programme)数学における学習指導についての考察ー今後の数学教育の課題を考える上での事例研究ー『科学/人間』, 47, pp.105-118. 

 

[通訳]Heinz Steinbring (2018) Essential issues of mathematics teacher education: awareness of communication in teaching-learning processes and consciousness about epistemological constraints.2018年1月30日、全国数学教育学会数学教育学会第45回研究発表会.  

 

木村光宏・中和渚(2018)「国際バカロレアの『知の理論』における数学に関わる授業開発研究ー批判的思考力の育成に焦点を当てて」全国数学教育学会第45回研究発表会, 2018年1月30日, 於広島大学. 

 

Nagisa Nakawa(2018) Kenya mathematics workbook for Grade 1 term 1, Kenya. 

 

 

Nagisa Nakawa(2018) Kenya mathematics workbook for Grade 2 term 1, Kenya. 

  

2017年

 

木村光宏・中和渚(2017)「国際バカロレアの『知の理論』における数学に関わる授業開発研究ー批判的思考力の育成に焦点を当てて」東京理数科国際開発研究会, 於田町イノベーションセンター, 2017年11月21日. 

 

Nagisa Nakawa (2017) Understanding, Assessing, and Developing Zambian Children's Abilities and Teachers' Professional Learning in Mathematics Class, a Keynote Speech on 16th November 2017 in the 5th Regional Conference for Mathematics, Science and Technology Education in Africa [COMSTEDA 15] and Annual SMASE-Africa Delegates Meeting, Livingstone, Zambia. 

 

高阪将人・中和渚. (2017)「就学前算数教育における保育者の職能成長に関する研究」日本数学教育学会秋季研究大会, 於愛知教育大学, 2017年11月5日. 

 

中和渚・松尾七重・渡邉耕二. (2017) 「インタビューによる年長児の数の捉え方の解明」日本数学教育学会秋季研究大会, 於愛知教育大学, 2017年11月5日. 

 

Nagisa Nakawa (2017) Experimental Lessons for Pre-Mathematics in Early Childhood Education in Lusaka, Zambia. アフリカ教育研究フォーラム. 於広島大学, 2017年10月27日.

 

中和渚(2017)「学び、遊び、夢いっぱい――ザンビアの農牧民トンガ」(清水貴夫・亀井伸孝編)『子どもたちの生きるアフリカーー伝統と開発がせめぎあう大地で』(pp.95-110)昭和堂. 

 

中和渚(2017)「日本の就学前の算数教育のあり方の検討ードイツの幼稚園・基礎学校段階の『数の本』シリーズの関連性が示唆するもの」『数学教育研究』23, 2, 1-8.

 

中和渚(2017)「私立大学の教職実践演習における小学校教員志望学生の学びー総合的な学習の時間の模擬授業におけるICTの活用」『未来の保育と教育 東京未来大学保育・教職センター紀要』, 4, 89-98. 

 

中和渚・高阪将人(2017)「就学前算数教育における教師・保護者養成・研修に関する海外の動向と国際協力」『日本数学教育学会第5回春期研究大会論文集』,  2017年6月11日, 於横浜国立大学, pp.49-55. 

 

中和渚(2017)「批判的数学教育からの幼児算数教育の検証」『日本数学教育学会第5回春期研究大会論文集』2017年6月11日, 於横浜国立大学, pp.225-232. 

 

N.Nakawa(2017) Zambian Primary Mathematics Classrooms at the Kindergarten Level, アフリカ教育研究フォーラム, 於大阪大学, 2017年4月15日. 

 

N, Nakawa(2017) Children’s Social Values Expressed in a Number Activity in a Japanese Kindergarten, 『科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究C)社会的価値観の重視と算数の力の育成に関する理論的実証的研究課題番号26381231 平成26年度-28年度 研究成果報告書 社会的価値観の重視と算数の力の育成に関する理論的実証的研究』(島田功)(pp. 137-146)

 

中和渚(2017)「第18章 数とこども」『子ども学への招待 子どもをめぐる22のキーワード』(近藤俊明, 渡辺千歳, 日向野智子編)(pp.215-225)ミネルヴァ書房. 

 

中和渚他(2017)「国際協力キャリアパスセミナー」(パネリスト), 2017年4月22日, 於JICA地球ひろば. 

 

中和渚・高阪将人(2017)「アフリカ・ザンビアの子供たちの学びと生活ー国際協力の視点からー」(公開講座)2017年3月19日, 於東京未来大学. 

 

N, Matsuo & N, Nakawa. (2017). Framework and Practice for a Mathematical Preschool Curriculum in Japan, JASME International Workshop, Hiroshima International Congress, 30th January 2017. 

 

中和渚(2017)「幼児算数教育の数の遊びに関する実践における幼児の現状」2017年1月29日, 全国数学教育学会第45回研究発表会, 於広島大学.

 

2016

中和渚(2016) ザンビア共和国における子供の数の認識ー具体物と半具体物に対するサビタイジングと数える行為に焦点を当ててー. 『アフリカ教育研究』, 7, 155-172. 

 

中和渚・渡邊耕二. (2016).「第12章 数学者の思考法と構造定理群」『数学的思考ー人間の心と学びー』(Tall David著, 磯田正美, 岸本忠之編)(pp.357-381)共立出版. 

 

中和渚(2016)「ザンビアの教室における実践や研究から見つめ直す数学教育開発研究の過去・現在・未来」『国際開発学会第27回全国大会発表プログラム・発表要旨集録』, p.134(論文は電子データのためページ数なし), 2017年11月27日, 於広島大学. 

 

中和渚・渡邊耕二(2016)東ティモールの小・中学校における数学の学習に関する考察『国際開発学会第27回全国大会発表プログラム・発表用紙集録』20161127日, 於広島大学.

 

中和渚 (2016)「数の活動における幼児の表現の様相」、第49回日本数学教育学会秋期研究大会, 20161029於弘前大学. (『第49回秋期研究大会発表集録』, pp. 148-152

 

N, Nakawa(2016)Zambian Children's Number Recognition, アフリカ教育研究フォーラム, 筑波大学, 20161015日(研究抄録, p.9)

 

N, Nakawa (2016) Children’s Social Values Expressed in A Number Activity in A Japanese Kindergarten, PME 40 Hungary, Szeged, 201684

 

N. Nakawa (2016) Arrange a Pentagon, a short presentation in the national presentation of Japan in ICME 13, Humburg, Germany, 2016730

 

中和渚. (2016).「ザンビアにおける教材開発を重視した授業研究の課題に関する考察かけ算の理解を主題としたケーススタディー」『数学教育学研究』26(1), pp. 37-46.

  

中和渚.(2016).「算数における小学校と就学前教育の関連性についての考察-ドイツの教科書『数の本』の内容と方法からー」日本数学教育学会第4回春期研究大会論文集, 於埼玉大学, 2016612

 

中和渚, 渡邊耕二. (2016). 「東ティモール大学工学部における数学教育に関する調査」 ,17回国際開発学会春季大会, 於立命館大学, 2016611

 

中和渚.(2016).「ドイツの「数の本」シリーズの変化に注目した早期数学教育と就学後の関連性と差別化に関する考察」全国数学教育学会第44回研究発表会, 於広島大学, 2016625

 

Nakawa, N. (2016). How do Zambian children recognise numbers? アフリカ教育研究フォーラム, 於名古屋大学, 2016422

 

中和渚.(2016).「ザンビア共和国の第23学年を対象とした乗法の授業研究の成果と課題」, 全国数学教育学会第43回研究発表会, 於広島大学, 2016130

 

 

2015

Nakawa, N. (2015). Application of Substantial Learning Envronment (SLE) to mathematics classes for grade 5 and 6 in Zambia: Teachersreflections and development of their teaching, Zambia Journal of Teacher Professional Growth, 3(1), 55-74.  

  

Nakawa, N. (2015). Zambian teachersprofessional discussions in lessonstudy: a case study in mathematics in Central ProvinceOno, Y.(Eds.). International Council on Education for Teaching (ICET) 59th World Assembly - Challenging disparities in education - 59th Yearbook of Teacher Education, 431-439. Naruto, Japan. 

  

Nakawa, N. (2015). What Fruitful Discussions Do Zambian Teachers Have  in Lesson Study?A Case Study. Beswick, K., Muir, T., & Wells, J. (Eds.). Proceedings of 39th Psychology of Mathematics Education conference, 3, 273-280. Hobart, Australia: PME. 

 

Nakawa, N. (2015). Features of teaching and learning in mathematics textbooks for the secondary level in Uganda, Kenya, Rwanda and Zambiaアフリカ教育研究フォーラム, 2015410, 於広島大学

 

中和渚. (2015). 「英語圏サブサハラ・アフリカ4ヶ国の前期中等教育段階における数学の教科書分析―ウガンダ, ケニア, ザンビア, ルワンダの第9学年の代数単元に焦点をあてて―」, 国際開発学会第16回春季大会, 201567, 於法政大学

  

中和渚. (2015). 「ドイツの幼児期における数学教育の教材開発に関する考察- Wittmannらの『数の本(Das Zahlenbuch)』に注目して-」, 日本比較教育学会第51 回大会, 2015613, 於宇都宮大学

 

中和渚. (2015). 「ザンビア共和国の授業研究における教師のコンピテンシー」, 全国数学教育学会第42回研究発表会, 2015614, 於鹿児島大学

 

中和渚. (2015). 「算数教育におけるequityに関する調査ー神奈川県のある小学校での参与観察からみえてくる現状ー」, 日本数学教育学会第回48回秋期研究大会, 2015117, 於信州大学

 

中和渚. (2015). 「ザンビア共和国の授業研究の授業検討会における参加者の関わりと議論の内容に関する検討」, 国際開発学会第26回全国大会, 20151128, 於新潟大学

 

 

2014年(12月まで育休)

中和渚. (2014). 「ドイツの就学前教育における『小さな数の本(Das kleine Zahlenbuch)』の特徴(1)ーカードに焦点を当てた考察ー」『数学教育学研究:全国数学教育学会誌』20(1), 1-9. 

 

中和 渚・川口 純(2014)「英語圏サブサハラ・アフリカ4か国の中等教育段階における数学教科書分析」『東京未来大学紀要』7229239

 

 

2013年(12月から育休) 

Nagisa Nakawa(2013) How did pupils solve Number Brick after lessons of Substantial Learning Environment in Central Province, Zambia? Proceeding of the twentieth annual meeting of the Southern African Association for Research in Mathematics, Science and Technology Education: Long Paper

 

中和 渚(2013)「ザンビアの子どもたちの生活から学校教育を問い直す」『アフリカ教育研究』, 3, 83-82.

 

中和 渚、馬場卓也(2013)「教育を受けることで個人の世界観は広がっているのか?−ザンビア・南部州マザブカ−における調査結果の報告」、20131025日、第12回アフリカ教育研究フォーラム、於:早稲田大学大学院.

 

中和 渚(2013)「就学前教育のための『小さな数の本(Das kleine Zahlenbuch)』の特徴(1)ーカードに焦点を当てた考察ー」全国数学教育学会第38回研究発表会、 於:香川大学、2013622

 

Nagisa Nakawa (2013) Zambian PupilsDiscovering Number Patterns in Substantial Learning Environment (SLE) on the Modified Transcend Recursive Model, The Journal of Research and Practice of International Cooperation in Science, Mathematics and Technology Education, 4(1), April 2013, 2-12.

 

中和 渚、馬場卓也、小坂法美(2013)「ザンビアにおける教育と社会におけるフィールド調査(3)−データ分析と2013年度調査の報告−」、2013413日、第11回アフリカ教育研究フォーラム、於:京都女子大学、22-23.

 

  

2012

Nagisa N. (2012). Classroom Interaction in Grade 5 and 6 Mathematics Classrooms in Two Basic Schools in Zambia, Proceedings for the 36th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education, 3, 257-264, Taipei, Taiwan: PME

 

Nagisa N. (2012). Possibilities and Challenges in Teaching and Learning of Number Brick in a Grade 5 mathematics classroom in Kabwe, Central Province, Zambia, Proceeding of the twentieth annual meeting of the Southern African Association for Research in Mathematics, Science and Technology Education Vol.1: Long Paper 201-211

 

中和渚. (2012).「本質的学習環境(SLE)に基づく数学科授業開発研究(4)−ザンビア共和国で実施した授業開発の視座と教材の再構成の視点」『数学教育学研究 : 全国数学教育学会誌』 18(1), 15-22.

 

中和 渚(2012)「ネパールの高校生が語る教育の意義や社会について」『第23回国際開発学会全国大会報告論文集』 2012122日 於:神戸大学

 

中和 渚(2012)「ザンビア共和国の数学教育開発のための基礎的調査(2)−中央州カブウェのある基礎学校における子どもたちの1桁の乗法の習熟度と課題−」第45回日本数学教育学会 研究発表会 20121112日 於:上越教育大学

 

中和 渚(2012)「ネパールの数学教育に関する考察(1)ー教育省・大学・学校間の取り組みの関連性に焦点を当ててー」『第13回国際開発学会春季大会報告論文集』201262日 於:横浜国立大学

 

中和 渚・馬場卓也・小坂法美(2012)「ザンビアにおける学校教育と社会の関係性に関するフィールド調査(2)―試験と能力に焦点を当てて―」第10回アフリカ教育研究フォーラム、20121013日、於:神戸大学大学院国際協力研究科

 

中和 渚(2012)「アフリカの教育開発の今後の展望(実践と研究の視点から)−ザンビアでの博士論文の調査から」第9回アフリカ教育研究フォーラム、2012413日、於:広島大学大学院国際協力研究科

 

馬場 卓也・中和 渚(2012)「ザンビアにおける学校教育と社会の関係性に関するフィールド調査(1)―試験と能力に焦点を当てて―」第9回アフリカ教育研究フォーラム、2012414日、於:広島大学大学院国際協力研究科

 

中和 渚(2012)「本質的学習環境(SLE)におけるザンビア人教師2名の成長と課題」全国数学教育学会研究発表会原稿、2012年1月21日、於:愛知教育大学

 

 

 

2011

中和 渚(2011)「ザンビア基礎学校における数学授業の学習・指導の特徴と改善に関する考察」『アフリカ教育研究』1,77-91. 

 

中和 渚(2011)「ザンビアのある授業における学習の内実と課題の解明−中央州第5学年対象の『数の石垣』の学習指導に着目して−」『数学教育研究』17(1)9-15

 

中和 渚(2011)『ザンビア共和国における本質的学習環境に基づく授業開発研究』広島大学大学院国際協力研究科未公刊博士論文(教育学博士)

 

中和 渚(2011)「ザンビアの後期基礎教育における子どもたちの乗法の習熟に関する報告」『第22回国際開発学会全国大会報告論文集』 2011112627日 於:名古屋大学

 

中和 渚(2011)「ザンビア共和国における数学教育開発に関する予備的考察」第44回日本数学教育学会 研究発表会 201111月 於:上越教育大学

 

中和 渚(2011)「本質的学習環境(SLE)に基づく数学科授業開発研究(4)ーザンビア共和国で実施した授業開発の視座と教材の再構成の視点ー」全国数学教育学会研究発表会原稿、2011年6月、於:広島大学

 

 

2010 

中和 渚(2010)「ザンビアにおける本質的学習環境(SLE)に基づく数学科授業開発研究(3)−第5学年児童が行った「数の石垣」の学習課程への着目」『数学教育研究』16(2) 71-79

 

中和 渚(2010)「ザンビア共和国の数学授業における教師と生徒の相互作用に関する考察−基礎学校2校における第5,6学年の実践結果と先行研究の比較から」『第21回国際開発学会全国大会報告論文集』1−4、201012月、於:早稲田大学大学院

 

Nagisa Shibuya 2010Relationship between Teaching and Learning in Grade 6 Lesson in the process of the Adaptation of Substantial Learning Environment in Zambia, the 5th East Asia Regional Conference on Mathematics Education Proceedings, vol 2, 244-251

 

中和 渚(2010)「本質的学習環境(SLE)に基づく数学科授業開発研究(4)ー高次的能力の育成からみたザンビアの学習・指導の内実ー」全国数学教育学会研究発表会 発表原稿 2011年6月 於:広島大学 

 

2009

 

澁谷 渚(2009)「本質的学習環境(SLE)に基づく数学科授業開発研究(2)−ザンビアのある基礎学校におけ生徒の数のパターンの認識に関する記述の分析」『数学教育学研究』15(1)136-146

 

澁谷 渚(2009)「ザンビアのカリキュラムと教科書に関する一考察」『第20回 国際開発学会全国大会報告論文集』268-271 

 

2008

 

澁谷 渚(2008)「本質的学習環境(SLE)に基づく数学科授業開発研究(1)−ザンビア基礎学校における生徒の活動の分析−」『数学教育学研究』14 187-197

 

澁谷 渚(2008)『ザンビア共和国における本質的学習環境に基づく授業開発研究』広島大学大学院国際協力研究科未公刊修士論文(教育学修士)

 

澁谷 渚(2008)「ザンビア生徒の学習に関する一考察−試験で測れない生徒が持つ数学的可能性に着目して−」『第19回 国際開発学会全国大会報告論文集』20-23

 

澁谷 渚(2004)『英国における数学的探究に関する研究』熊本大学大学院教育学研究未公刊修士論文

 

 

その他 講義・講演・翻訳

 

 

 

[講演]

中和渚(2018) 「教育学・国際協力学を主とした社会科学系の研究方法の紹介」2018年11月21日、於:横浜国際高等学校 

 

中和渚(2018)「国際協力ー現場の視点 ザンビアの子どもたちの生活と教育」2018年10月21日、於:放送大学千葉学習センター

 

中和渚(2018) 「国際協力ー現場の視点 ザンビアの子どもたちの生活と教育」2018年5月20日、於:放送大学横浜学習センター

 

 

[オーガナイズ・研修講師・司会など]

中和渚(2018)「」

 

中和渚(2018)「教育学・国際協力学を主とした社会科学系の研究方法の紹介」2018年11月21日, 講演, 於横浜国際高校. 

 

中和渚(2018)第50回千葉県算数・数学教育研究大会山武大会(研究主題:「思考力・判断力・表現力を育てる算数・数学教育」)幼児教育部会 研究助言者  2018年11月2日、於山武市立成東小学校成東中学校 

 

Nagisa Nakawa (2018) Training for early grade teachers, CADVES プロジェクト算数教育教員研修講師 13th to 14th August 2018, Kilimanjaro Hotel, Loitokitok, Kaziado, Kenya. 

 

「命について考える」(マリールイズ氏講演)関東学院大学キリスト教と文化研究所主催 2018年7月21日、於KGUメディアセンター

 

中和渚(2017) 「私とアフリカ 青年海外協力隊での経験から今まで」大妻女子大学非常勤講師 2017年10月31日、於大妻女子大学

 

 

Nagisa Nakawa(2017) Lectures on Kyozai-Kenkyu/PCK. ザンビアJICA国別研修数学教育担当、広島国際センター 2017年10月11,12日. 

 

 

Nagisa Nakawa (2016) Lecture on Active Learning, 於:東ティモール大学工学部, 201638

 

Nagisa Nakawa (2016) Number Sense, 東ティモール大学工学部, 201638 

 

Nagisa Nakawa2012Kyozai Kenkyu- Relationship between Curriculum and Textbooks in Japan and Zambia, ザンビア国別研修「教材研究」 20111123日・24日、於:広島大学

  

中和 渚(2011)「構成主義的な算数指導法について」広島県カンボジア復興支援プロジェクト講義 20111111日、於:広島大学  

 

中和 渚(2011)「学校から見えてくる子どもたち」アフリカ子ども学を考える会、2011109日於:愛知県立大学サテライトキャンパス

 

Nagisa Nakawa 2012)ザンビア共和国カリキュラム開発 研修講師 201012月5日 於:広島大学

 

澁谷 渚(2009)「ザンビアプログラムの成果報告 国際協力の専門的人材育成を目指す先進的教育プログラムの成果と課題−現場で実践する大学院教育の経験と未来像ー 200912月 於:田町キャンパスイノベーションセンター

 

 

2011-2013, 2015年, 2017年4月、10月21日 放送大学スクーリング「国際協力 現場からの視点」非常勤講師(ザンビアの箇所担当)

  

2011年、2012年 啓林館 算数教科書(Fun with Math26年生 英訳(共著)