東京理数科教育開発研究会第3回研究会

日時:平成28123() 13:3017:30

会場:田町イノベーションセンター

408会議室

 

開会挨拶・自己紹介 13:30   中和渚  (東京未来大学)

 

13:4014:10   青木麻由 (東京未来大学 こども心理学部3)

発表タイトル「フィンランドの初等教育についてー算数教育の現状」

 

14:1014:40   松本翼(東京未来大学 こども心理学部2年) 

  発表タイトル「初等カリキュラムの比較教育研究ーイタリアの教育制度に焦点を当

        ててー」

 

14:4015:10   須藤 絢(函館高専)

  発表タイトル「正負の数の計算技能とメタファーの関連についてザンビア・マラ

        ウイ・タンザニア調査計画

 

休憩(10分)

 

15:2015:40  中和渚(東京未来大学)

  発表タイトル「アメリカと国際バカロレアにおける幼児数学教育のカリキュラム

       ー日本の幼児算数教育カリキュラムを構想するための一考察ー」 

 

15:4016:00   内田豊海(鹿児島女子短期大学) 

   発表タイトル 「ザンビア基礎教育の教室における公共性構築に関する考察」

 

休憩(10)

 

16:0017:30  岩崎秀樹(広島大学)招待講演   

発表タイトル「数学教育の由緒」

 

閉会挨拶 17:30   馬場卓也(広島大学)

 

 

第3回では岩崎秀樹広島大学名誉教授と馬場卓也教授も参加され、大盛況でした。

広島に縁がある研究者や学生たちが集まりました。

20名を超える参加者で、これまでにない盛り上がりとなりました。

岩崎秀樹先生のご講義では、数学教育の歴史を振り返り、今後、中等数学教育の充実を考えていく上で、数学教授学を提唱されました。

 

次回は2017年2月か3月を予定しております。