東京理数科教育開発研究会 第1回

日時:2016年7月23日(土)10:00-13:00

場所:東京未来大学A102教室

参加者:9名

 

開会挨拶  中和 渚  (東京未来大学)

① 青木 麻由 (東京未来大学こども心理学部3年)

フィンランドの算数教育の現状と課題について  (研究計画)

② 川並 裕子 (ロンドン大学 院生 / 国際協力機構)
        中南米における授業研究(研究計画)

③ 河原 太郎 (国立教育政策研究所)
        M-GTAを用いたバングラデシュ初等理科授業の探究性の考察

④ 中和 渚  (東京未来大学) 幼児算数教育の数の遊びの検証と幼児の表現

閉会挨拶 加藤 雅春

 

10時からの開始ですがポレポレタイムとなり、10時過ぎに参加者が集まり出し遅れて開催となりましたが、充実した研究発表、討議ができました!

最後は14時近くまで議論してしまいましたが… 司会さん、次はタイムマネジメントを頑張りましょう。

 

次回は10月開催です。