2018年度の中和ゼミ(2019年現在4年生)は以下のテーマで研究を行なっています。

 

出石夕奈
「高等学校数学科における課題学習に関する教材開発研究」
 
飯島秀明
「中学校数学科における生徒が持つ困難性とその対処法」

2017年度の中和ゼミ(3年生)は以下の本の輪読を行いながら、中学校数学科における研究課題を見つけようとしています。

 

粟野凜々子

「What-If-Notの視点による図形に関する教材開発と授業づくり」

 

伊東双葉

「What-If-Notの視点によるフィボナッチ数列に関する教材開発と授業づくり」


2016年度の中和ゼミ(3年生)は以下の研究テーマを構想、研究を進めています。

 

・アジアの教員養成と教育の状況調査ーインドネシアとシンガポールに注目して

・フィンランドの算数・数学教育の現状と課題

・カンボジアの子供たちの学校内外における幼児の教育に関する研究

・カナダの幼児教育の現状に関する考察

・小学校算数科における小数の効果的な指導方法

・小学校算数科図形領域における児童のつまづきの改善

 

2015年度の中和ゼミ(4年生)は以下の研究を行っています。

 

・東ティモールの教育事情、こどもの生活、国際協力

・1人の男児に注目した保育誌の考察

・アメリカ・カリフォルニア州の幼児教育

・化粧教育についての考察

 

これまでの卒業論文のテーマ

・幼稚園児の数概念と足し算の技能

・幼児期のコンピュータの使用と数概念形成の関連性

・ザンビア共和国へのスタディーツアーを通した大学生の意識の変容

・日韓女性の化粧に対する意識の比較研究

・米国サンフランシスコにおける日本語教育の現状

・子どもの遊びに関する考察 など